try! Swift Tokyo 2017 サーバーサイドSwift関連Talk


TOKYO - try! Swift

昨年も参加しましたが「Swiftはこんな使い方もあって面白い!みんな使うべき!!」という勢いのある感じから、今年は全体的に「Swift便利。みんな使ってるし知ってる。さてそれをどうプロダクトの価値につなげようか?」という風に成熟した印象を受けました。

そんな中、サーバーサイドSwiftは成熟とはまだまだほど遠いわけですが、以下の3つのTalkがありました。

Building a Swift Web API and Application Together

多くの人がswiftenvでお世話になっていると思われる、Kyleさんの発表です。

Web APIを作る話ですが、Swiftに限らないAPIデザインの話が中心です。 Frankは初めて知りました。小さくて好きな感じなのですが、保守されてなさそうで残念です。

Swift Outside the Box

サーバーサイドSwiftを実運用してみた | カメリオ開発者ブログで有名なItoさんの発表です。

既にCで枯れたライブラリがあるなら、それをSwiftから呼ぶのは簡単だよ、というお話がありました。 また、まずはシェルスクリプトの代わりにSwiftを使い始めてみるのもいいんじゃない?というのも印象に残っています。 そちらに関しては、Swift Scriptingも参考になりそうです。

Server-Side Swift as a Live Example

私の発表です。Live Codingが求められている感じだったのでやってみました。

一応スライドだけ見ても手順を再現できるようにしているつもりです。

僕ももっとちゃんとしたアプリで、サーバーサイドSwiftを実際に使っていきたいな、と思いました。